株式会社AHBは動物と人間の幸せな共生社会の実現に貢献することを社会的使命とします。

犬パルボ

犬パルボについて

犬パルボ

  • 症状:
    成犬を含めて、離乳期以降に感染する『腸炎型』と、生後3から9週齢の子犬のかかる『心筋炎型』の2タイプがあります。
    腸炎型は激しい嘔吐と下痢を繰り返し悪化すると、悪臭のあるトマトジュース状の粘液性の血便をし、重度の脱水症状を起こします。また心筋炎型は、健康そうに見えた子犬が突然、虚脱や呼吸困難を起こし急死するものです。
  • 原因:
    犬パルボウィルスによる感染症
    子犬の場合は特に致死率が高い恐ろしい病気です。
    感染犬の便や嘔吐物、それらに汚染されたものからの接触を繰り返し口や鼻から感染します。
  • 治療法:
    ウィルス感染症に対する特効薬はなく下痢と嘔吐への対症療法が中心となります。抗生物質は輸液療法、猫インターフェロン投与など
  • 予防法:
    混合ワクチンで予防できるので子犬の時に3回程度、その後は年1回の
    定期接種が理想である。また原因となる犬パルボウィルスは自然環境下
    で数カ月生存する非常に強いウィルスです。
    もし感染の疑いがもたれたら、すぐに他の犬と隔離し、糞便や嘔吐物の
    処理、周辺環境の消毒を行い感染の輪を広げないことである。
    消毒は5%の次亜塩素酸ナトリウムかビルコン、ワイプアウトを用いる。

検査診断方法

  • 犬パルボPCR検査 検査実施中
    食欲不振・下痢・嘔吐などの症状が見られたらパルボを疑いましょう。
  • 診断の第一歩は簡易検査キットによる検査です。
    簡易検査キット;チェックマンCPV
    チェックマンCPV
    この簡易検査キットに犬の糞便を塗るだけで犬の糞便中における犬パルボウイルス抗原の検出が出来る簡単なキットです。真性パルボかどうかの確定診断は次のステップ、PCR検査に進みます。
  • PCR検査
    PCRとはポリメラーゼ連鎖反応(polymerase chain reaction, PCR)は、DNAを増幅するための原理またはそれを用いた手法です、また手法を指す場合はPCR法と呼ばれることの方が一般的。英語をそのまま片仮名読みにしたポリメラーゼチェーンリアクションとも呼ばれる。Bio PlusではPCR法を用いて、パルボウィルスのDNAレベルでの検査分析を実施しております。
    PCR検査機器検査の様子
  • 検査のご注文は担当バイヤーかバイオプラスまでお申し付けください。
  1. 簡易検査キットチェックマンCPV 5回分で1セットとなってます。
  2. PCR検査 検体採取キット付 パルボ確定診断検査
    ※ 契約ブリーダー様バイオプラス会員様向け専用サービスになっております。

ブリーダー様へ

繁殖用の母犬ワクチンの接種が効果的です、パルボウィルス免疫のための
移行抗体が妊娠中に子犬に確実に移行しパルボに対する抗生が出来ます。
当社では契約ブリーダー様に当社獣医師が直接出向き母犬ワクチンの接種
を実施しております。お申し込みは当社の担当バイヤーまで。

  1. 狂犬病予防接種
  2. 感染症予防任意ワクチン接種
    (犬バンガード 猫ノビバック)
  3. 接種証明書発行

母犬ワクチンの接種

使用ワクチンはファイザーのバンガードを使用
狂犬病のワクチン接種も承っております。